当協会の考える可視経営とは?
石橋理事・斎藤理事長対談 真の働き方改革の答えは可視化にあります。石橋理事・斎藤理事長対談石橋理事・斎藤理事長対談
HIT.2sオペレーションコース
HIT.3sオペレーションコース
革新技術者養成1日間コース
革新技術者養成2日間コース
役員コース
学生・求職者コース
事務革新士
業務革新士
経営革新士
イベント情報トピックイベント情報トピック
最少人数で最強組織をつくる
仕事のムダとり
続・可視経営
マネジメント力を磨く可視経営
可視経営で内部統制
可視経営
見えれば変わる可視経営
経営革新の実践技法
業務革新の実践手法
可視経営とは
「可視経営」とは、仕事の内容が「目でみてわかる状態」にして、改善を加え「必要最少人数で最も強い組織」をつくる活動です。
そのためには改善を進め、
仕事の機能を可視化(絵文字チャート化)
仕事の機能を定量化(チャンピオン時間)
競争優位なしくみづくり(絵文字チャート化でリードタイム短縮)づくり
個々人のスキル力と専門力を高めるO.J.T(多能職育成)
を推進して、「業務の管理点マニュアル」(電子マニュアル)を作ります。

可視経営とは

◆当協会の考える可視経営を実現するためのしくみ◆

導入研修 可視経営協会主催の研修を受講し、まず可視化のしくみを習得します。
(協会会員は割引価格制度があります。)
ツール購入 研修を受講することでHITツールの購入ができます。(協会会員は割引価格制度があります。)
ツールを使って、自分の業務の可視化、改善の仕方を実践しながら学びます。スキルアップ研修につきましては可視経営協会へお問い合わせください。
資格認定 受験資格条件(実績)に達することで、資格認定試験を受験することができます。
自立推進 資格認定に合格することで、指導者としての認定を行います。資格取得者はそれぞれの認定範囲における指導を社内にて実施することができます。