費用は、税込価格表記になります。

経営革新士の資格認定について
概要 自己が担当する全業務について以下を学習し、各々の出力について、全体最適を目指したプロセス改善及びマネジメント改善の実践スキルを身に付けて、経営革新士の認定資格を得る。
習得技術 全社における仕事の見直しに関するテーマ推進、HIT専門活動のBPR活動推進・マネジメント改善推進・指導に必要な技術
事務革新士一級及び、業務革新士の習得技術に加え、

  1. 全社テーマ推進法(テーマPJ推進法)
  2. リスク管理とJ-SOX対応法(不正・不具合予防管理法)
  3. 管理、間接コスト策定法(タイムマネジメント推進法)
  4. アウトソーシング委託、受託法(業務管理点マニュアル活用法)
  5. 業務特性分析法(時間管理の分析法)
  6. 多能化人材育成法(実務訓練=OJT推進法)
  7. Mチャート及びLT図活用法
  8. 最少投入定員策定活用法(off定員化計画法)
  9. 組織の活性化技法とⅰ)改善の継続、ⅱ)多能化人材育成法による専門力アップ・ⅲ)off定員化実現に基づくその活用法
指導領域 基本活動に加えて、専門活動についても講義、指導ができる。
試験について
受験資格
実践経験
上記のHIT技法を用いた改善活動1年以上
受講履歴
専門活動における全6回のリーダー研修の受講 及び アウトプット検討会の参加
実践実績提出
8つの技法について各々ひとつアウトプットの提出
試験方法
筆記
なし
実技
なし
面接
必要時
試験日時 随時
試験料金
一般
44,000円
会員
22,000円
認定料金
初回
一般 110,000円 会員 55,000円
5年ごとに更新料
一般 55,000円 会員 27,500円

※活動実績提出

お問い合わせ