今春、当協会はフジサンケイビジネスアイ、株式会社システム科学とコラボレーションして「日本働き方会議」を設立します。同会議は、効率よく働ける環境づくりと高い生産性を実現する実践的手法を多くの経営者と共に考え、新時代の「働く仕組み」を創造する総合カンファレンスです。設立に当り、同会議の設立趣意書を下記に明示致します。

日本働き方会議 設立趣意書

新時代の「働く仕組み」がここにあります。
実践に基づくIT技術と革新マネジメントで、日本のすべての企業と働く人を元気に!

今、日本の働き方が大きく変わろうとしています。ワークライフバランスを重視した多様な働き方ができる環境が求められる中、企業は、2019年4月から施行された「働き方改革」関連法に対応すべく、ホワイトカラー(経営者・管理者・担当者)が主役となって、生産性向上の原動力となる全体最適化革新を先導せざるを得ない状況です。

そこで重要な役割を担うのは経営者です。なぜなら、先端の経営マネジメントは経営者の意識改革と決断からしか生まれないからです。旧態依然とした体質を脱し、IT技術を駆使した手法で、進化する社会にフレキシブルに対応する。日本経済をより良くできるのは、そうした先進の経営マネジメントを有する経営者に他なりません。働き方改革は、人手不足を補い、生産性向上を実現する活動で、まさに経営者が先導する改革そのもの。今こそ経営者の出番です!

そんな経営者にとって、今、真に求められているのが「新しい革新力・改善力」です。それは言い換えれば、IT技術や革新マネジメント技術を駆使して業務を改善し、効率よく働ける環境づくりと高い生産性を実現するという課題に他なりません。そして、この課題を解決する“答え“を「日本働き方会議」は持っています。それは、新時代の「働く仕組み」を作り出す実践的手法で、業務プロセスを改善する画期的な可視化ツールの活用です。 

しかしながら、新時代の「働く仕組み」 は、IT技術と革新マネジメント技術を取り入れることが大切である一方、あくまでも人のための働く環境づくりと組織を活性化する技術でなければならないと考えます。ITも革新マネジメントも人が幸せになるための技術でありツールだからです。

「日本働き方会議」はこのような考えのもと、テーマごとに企業のニーズを成果に結びつけるワークショップ、セミナー、研修会、異業種交流会などの実施を通じて、業界の枠を超えたコミュニケーションネットワークの構築を目指します。働くことの意義を根本から考える働き方総合カンファレンスとして、日本の全ての企業と全ての働く人を元気にするために、共に学び発展していきたいと思っています。

日本働き方会議サイトへ