人事部、総務部、経理部等、ルーチン業務を多く抱える部署ではピーク時の対応に頭を悩ませていることだと思います。このセミナーでは、各種届出事務を題材にピーク時の業務を平準化する手法をご紹介します。

業務のピークの要因は?

  • 締め切りを守れない人がいる!
  • 間際にならないとやらないと資料が揃わない!
  • 必要な情報があちこちに点在している!
  • 途中の決裁者が多い!決裁者が不在の場合が多い!

⇒ 発生時点で情報を処理していないから最後にシワ寄せが来る!

なぜ、人事業務にピークが発生する?

  • 紙での配布物が多くて面倒!
  • 社員が必要な書類を期限までに提出してくれない!
  • 社員毎の進捗管理が出来ない(誰の何が不足しているか見えない)!
  • マイナンバーの管理が煩雑!
  • 専門用語ばかりで分かり辛い!
  • 法改正が頻繁に行われる!(去年の知識・経験が使えない)
  • 「年末調整」の締め切りまで時間がない!
  • 「新規採用者の登録」「退職者の削除」の時期が集中

 ⇒ 必要な情報がなかなか回ってこない!作業時期が集中する!

業務のピークを平準化をするためには、問題点の整理=業務の“可視化”が大切です!
必要な情報(input)と最終成果物(output)に登場人物を全て書き出し、やるべき作業を並べてみましょう!

●本セミナーでは、誰もが同じ基準で可視化を行えるような手法・ツールを用いた可視化の方法を、改善事例を交えてご説明いたします。

開催概要

開催日 2021/11/30(火)
時間 13:00 ~ 14:00
受講方式 WEBセミナー(オンライン)
受講料 無料

※お申し込みには日本の人事部への登録が必要です。

日本の人事部サイトへ