「守・破・離」の精神が宿る生産性の向上策

守:師の教えを受けて修行を遂行し、一人前に成長すること。
破:修行や自分の成したことを分析し、より高い目標に改善すること。
離:師の元を離れても、自ら新たな技術や知識を開発できること。

働き方改革関連法案の施行もあり、①長時間労働の是正、②同一労働同一賃金、など多くの企業が「生産性の向上策」を必要としています。
さらに、③裁量労働制、④テレワーク、など「成果・アウトプットの評価策」もまた多くの企業が必要としていますが、どちらもこれといった具体策が見当たらず、場当たり的な対応となっている、なりつつあるのが現状です。
本講座では、業務の可視化により経営革新を実現する画期的な技法及び支援ツールを革新活動の成功事例から解説します。
業務の可視化で、「目で見てわかる革新マネジメント」を実現し、「生産性の向上」と「社員のモチベーションアップ」を両立する「守・破・離」の精神が宿る「生産性の向上策」を、そして誰もが納得するその活動手順をご自身の目で確認してください。

※本講座で解説いたします技法、ツールの詳細はシステム科学HPをご覧ください。

開催概要

開催日 2019年7月18日(木)
時 間 10:00~16:30(受付時間9:30~)
会 場 一般社団法人可視経営協会 研修室
東京都文京区小日向4-5-16 ツインヒルズ茗荷谷9階
定 員 30名(お申込みを多数いただいた場合は抽選となります)
受講料 21,000円(税別)
対 象 経営革新・働き方改革担当の関係役員、管理職の方
主 催 一般社団法人 可視経営協会
協 賛 株式会社 システム科学
協 力 フジサンケイビジネスアイ(産業総合研究所)
日刊工業新聞社

お申込みはこちらから

スケジュール

(当日の進行状況により、変更される場合があります。あらかじめご了承ください)

内容 時間 担当講師(敬称略)
受 付 9:30~10:00
講義1 10:00~12:00 革新活動のゴールは、現有人材を活かした「最少投入で最強組織をつくる」にある
一般社団法人可視経営協会 代表理事 石橋 博史

=「守・破・離」の精神で進める活動手順=
1.真の生産性向上を果たす基本活動法とは

①業務の可視化法
活動1 目で見てわかる業務の内容把握で気づき、改善できる実践力アップ
(業務のチャートで可視化する実例表示解説)
②業務の機能体系化法
活動2 業務機能の体系により管理の原単位を決める
仕事の原単位化で管理力アップ
(単位業務・単位作業で成果測定する実例)
③業務の管理点マニュアル化法
活動3  改善後の整理を元に業務管理点マニュアルづくり
仕事の電子マニュアル化でスキル力アップ
(電子マニュアルを基盤に人材育成で生産性向上ができた実例)

昼食休憩 12:00~13:00 昼食をご用意いたします
講義2
(実演)
13:00~14:30 2. 真の生産性向上を果たす専門活動法とは
①永遠の課題を顕在化して解決する(活動4)
簡単にできる業務改善点を把握しスピーディに解決する
1.経営が取り組む課題
2.部課長が取り組む課題
3.担当者が取り組む課題
活動の役割、分担を決めて全員が参加して推進する進め方成功例
②デジタルファースト化とITの進展するその先を思考する(活動5)
1.ルーチンワーク70%~80%が自動化できるその意味するもの
 RPA化(ロボテック・プロセス・オートメーション)の適用事例紹介
2.SSC(シェアード・サービス・センター)の意味するものの実態事例
3.BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の意味するものの実態事例
4.GBS(グローバル・ビジネス・サービス)の意味するものの実態事例

3. 最少投入法で生産性3倍の基本
(現要員の創出による新戦力化を元にした生産性向上の実例)

4. 業務量の偏りと人材育成の関係が効率性を育む
業務の偏り凹凸と多能化育成の組み合わせ
(驚くべき成果)

講義3
14:30~16:30 「目で見てわかる革新マネジメント」を支援するツールと各種アウトプットの紹介
一般社団法人可視経営協会 理事 田代 敏也

1. 業務機能の可視化と活用事例
基本活動法で作成する可視化と改善のアウトプット事例紹介
専門活動法で推進する各種チャートを活用した課題解決の事例紹介

2. 進め方の実例
調査・報告型とは一線を画す「カウンセル」による協働型活動の事例紹介

基本活動法で作成する可視化と改善のアウトプット事例紹介

講師紹介

一般社団法人可視経営協会 代表理事
石橋 博史
(株式会社システム科学 代表取締役社長)
1962年から24年間、自動車機器メーカーに勤務。教育担当、人事、総務、工場長、社長室の職務を歴任。トヨタ生産方式、業務改善推進を担当する。1986年、システム科学を設立。業務革新の実践および「HIT.s法」を開発・導入し、2010年2月に「チャート作成システム及び業務プロセスの可視化法」で特許取得。著作は「可視経営(日経BP)」、「最少投入で最強組織をつくる(ダイヤモンド社)」他多数。
一般社団法人可視経営協会 理事
田代 敏也
(株式会社システム科学 取締役)

東京農工大学工学部応用物理学科卒業後、日本IBMを経て株式会社システム科学へ入社、2011年3月に一般社団法人可視経営協会理事に就任。全日本能率連盟認定マスターマネジメントコンサルタント。トヨタ生産方式のコンサルティングを経てHIT.s業務革新手法の開発・コンサルティングを推進。ホワイトカラーを中心とした業務プロセス革新及びマネジメント革新は業種を問わず、製造、情報、小売、建設、金融、運輸など大手企業を中心に支援実績は多岐に渡る。

受講者の声

大変良かったと思います。業務改善(プロセス改善)については今日のお話を参考にすぐできることからやってみたいと思います。
(物流・運送業 管理部門 役員)

リストラが目的ではなく、新戦力化を行うという考え方にとても共感できました。
担当者が安心して業務効率化に進められるヒントをいただきました。ありがとうございました。
(医療機器販売業 品質管理部門 管理職)

PCで実際にSチャートを作成させてもらい、取り組みへのハードルが下がりました。
自らが業務の負担軽減の主役となる点が、導入の際のモメンタム維持に大きな役割を果たすと感じました。
(製造業 調達部門 管理職)

業務プロセスの可視化やマニュアル、社員育成、属人化など、当社として課題がありどうしたらよいか検討しているところだったので、非常に参考になり、勉強になった。このシステムを利用すれば改善策が見いだせると感じたので、社に持ち帰り相談してみたいと思う。
(人材派遣業 管理部門 管理職)

実画面含めたデモも見せて頂き、気づきを得ることができました。ありがとうございました。
(不動産サービス業 企画部門 管理職)

お申込みはこちらから

お申込みはこちらから