残業時間規制、同一労働同一賃金、13時間の休養を謳うインターバル制、
裁量労働制、テレワークなど……
多くの企業で働き方改革への取り組みが検討されています。

しかしながら、これといった策が見当たらないのが現状です。
加えて過去に行なった改善活動への不信感を拭うことが難しく、身動きが取りにくい状況があります。

そこで可視経営協会から、
経営者の皆様がこれだと確信できるソリューションHIT.s法)をご案内いたします。

セミナーのポイントをご紹介

真の生産性向上のゴールは、現有人材を活かした「最少投入で最強組織をつくる」にあります。

当協会でもご紹介している可視経営技法である「HIT.s法」をどのように進めると良いのか、HIT.sでどのように業務の可視化と改善を進めることができるのか、革新活動を成功へ導く流儀を事例を通して解説します。
業務情報を可視化して、組織三者(経営・管理・担当)が
目で見てわかる革新マネジメント」を
実現する技法とツールをこの機会にご確認ください。

↑お申込みはこちらから!↑