株式会社システム科学のHIT.sツールが、クラウドサービスとしてこの度7月にリリースを迎えました。
HIT.sツールを導入し、データを作成・利活用していくことにより、業務の効率化による生産性の向上、多能化人材育成、職場のレベルアップなどが実現できます。次回以降のHIT.sクラウドプロジェクトの記事では、上記の実現に向けたHIT.sツールの様々な機能を順次ご紹介していきます。

また、今回リリースしましたクラウドサービスでは、従来のインストール型HIT.sツールと比較し、以下の特徴がございます。

  • より使いやすくなった機能(こちらも機能と併せて順次ご紹介します)
  • eラーニングを活用したツール操作および活動推進
  • どのPCでもウェブブラウザがあれば利用可能
  • ソフトウェアの更新作業が不要
  • サーバ管理が不要

さらに、一般的なクラウドサービスにおいてセキュリティへの懸念が障壁となり、導入を見送っているという声も聞こえます。本クラウドサービスにおいては、以下のセキュリティ対策を実施しており、より安全にお使い頂ける環境を準備しております。

  • 通信の暗号化
  • ログイン試行回数の制限
  • 2段階認証の提供
  • 定期的なバックアップ
  • AWS側で常に最新の脆弱性や攻撃への対策
  • WAFによる脆弱性対策
  • アプリケーションの脆弱性試験チェック済

今後さらに、

  • より効率化や人材育成に繋がる機能
  • ツール上での可視化や改善の進捗を促進できる機能

などを順次リリースしていく予定です。随時、本テーマの記事でもお知らせしていきます。

詳細はシステム科学のホームページをご覧ください。

システム科学のホームページへ